GLCについて

GLCクリニックが目指すもの

GLCクリニックが
目指すもの

「いつまでも健康で美しくありたい」
そんな患者様の思いに応えるため
加齢やストレス、食事や生活環境などで損なわれた
本来生まれ持った健康な体、美しさを取り戻すお手伝いをさせて頂きます。

リラックスできる寛ぎの空間をご用意しております。
GLCクリニックでは、単に体の治療だけではなく、内側からケアしていくことを心がけています。

Global Network グローバルネットワーク

GLCグループは、国内外のネットワークを駆使し、医療・健康分野における技術の発展、サポートを目指しています。

GLCグループの医師・スタッフ

Richard A. DeAndrea
GLCグループ最高顧問
GLC Bangkok 院長
彼は、幹細胞療法・一般外科・統合腫瘍学・中国医学・アユールウェーダ・酸素療法・植物栄養補給・光力学療法など、多様な分野を専門医療とするアメリカ人Dr.である。
世界最先端の幹細胞培養センターのグループとして、アジア最大級の幹細胞治療のクリニックを開院し、美容やアンチエイジングはもちろん、患者ごとに行う遺伝子検査などで状態を細部まで解析し、患者の症状に合わせた治療法を提案するなど、質の高い幹細胞治療を提供している。
現在も、GLCグループのクリニックを世界各国に拡大し続けている。
Alexander Hierl
ドイツ人のHierl医師は、心臓と内科の専門医です。ドイツ内科心臓病学会(German Society of Internal Medicine and Cardiology)の会員であり、欧州心臓病学会でも高い評価を受けています。
オーソモレキュラー療法の研修・学習用教材を主導したりなど、あらゆる慢性疾患に関連する主要な共通点であるミトコンドリア病の治療を確立したパイオニアで、細胞のエンジンにおける中核的問題に取り組んでいます。 また、ミトコンドリアの腫瘍タイピング検査の有力な提唱者のひとりでもあり、統合腫瘍学に新たな方向性を示すがん治療プログラムを設計しています。
Christian Burghart
Burghart医師は、中国伝統医学、整形外科学、脊髄損傷リハビリテーション、レーザー鍼治療、日本の漢方、光線力学的静脈内レーザー治療における経験を持ち、細胞代謝の向上の研究に力を注いでいます。
ドイツ鍼灸学会(German Association for Acupuncture:DÄGFA)および国際整形外科疼痛治療学会(International Society of Orthopedic Pain Therapy:IGOST)の会員であり、東洋と西洋の治療を組み合わせて活用し、生理機能の潜在性を引き出して治癒をもたらすことにより、苦痛からの解放を目指しています。
Indira Louis / Thongchai Theerajunyaporn
彼らは、イエメンの難民キャンプで働いたり、内科医としてインドの孤児など、世界各国で恵まれない患者のケア携わり、最先端の医療を必要としている患者に治療を届けることに従事しています。
国際医療施設認定合同機構(International Joint Commission)認定の世界的に著名な病院で内科医の研修を主導したり、医療チームの取りまとめたりと、特に恵まれない患者様に最高のケアを提供することに尽力してきました。医療カリキュラムの中では教えてくれない優れた良識を兼ね備えた医師の中の医師である。
Edward F. Group III
Edward医師は、米陸軍にて最高レベルの訓練を受けている軍人でもあり優秀な医師でもあります。
加えて、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)ビジネススクールを卒業し、ベストセラー作家、ドキュメンタリー映画の制作者など、様々な顔を持ちます。そんな彼は、毎週、米国で最も人気のあるラジオ番組、アレックス・ジョーンズ・ショーに出演しています。
また、GLCのメディカルディレクターとして指揮を取り、最先端の再生医療によるソリューションを3000万人近い患者様に届けています。
Tonomkit
有名なサミティヴェート病院の外科主任を務める優秀な形成外科医で、オーガニックに回帰する治療を推奨しています。
患者さんの自己幹細胞を使用する治療で美容成果を達成します。
Tonomkit医師の専門は、・幹細胞によるフェイスリフト ・幹細胞による豊胸 ・幹細胞による膣の若返り ・毛髪の若返りおよび回復整形などの外科手術をしない幹細胞注入での治療を用いた治療で、あらゆる箇所に関する相談に応じています。
Marco Ruggierro / Stefania Pancini
彼らは、米国立がん研究所および米国立衛生研究所で25年にわたり、最新のがん治療の研究をしてきました。 がん治療の鍵はHIVと同様に免疫機能の低下であることを立証することによって50年は治療を前進させ、フィレンツェ大学での研究にて免疫システムががんを消耗・排除するようになるタンパク質分子を、史上初めて標準化するなどの成果を挙げました。
両者共、ピアレビュー・ジャーナルに数多くの論文を掲載されており、イタリア、スイス、米国で医学の開拓・進歩に大きく貢献し、ノーベル医学賞に匹敵する賞にノミネートされた経歴もあります。
Rex Wilson
Willson医師は、元々僧侶でもあり、自然療法医で、20年以上にわたり疾患のエネルギー効果とその発現の仕方を具現化することに注力してきました。
彼は、GLCの治療にスピリチュアルな側面を付加することで、患者のメンタル的なサポートを行います。「パパ」と呼ばれているWillson医師との治療で、患者は戸惑いを覚えることは決してありません。彼は、患者に安心と成果を残す方法をよく心得ているからです。
Dante Lee
Lee医師は、GLCの医療情報責任者であり、中国アンチエイジング医療革新・推進委員会(Chinese Medical Anti-aging innovations and implementation board)の常任メンバーです。 彼は、中国13億人の患者の健康、安全、福祉を担う医療委員会の3人の副議長のうちのひとりであり、「再生医療ソリューション」の分野において可能な限り多くの知識とスキルを獲得することを目指す優れた医師です。
Vasilis Paspaliaris
Paspaliaris医師は世界中の名高い学術機関や多国籍企業、政府機関との共同研究にキャリアを捧げ、アディステム社において、脂肪から採取した幹細胞を世界で初めて臨床現場に取り入れ、他の医師のために標準化しました。
彼は、思想的リーダーシップのある経験豊富な臨床薬理学者兼医学者で、創薬、臨床薬理学、軍事外傷医学、臨床試験、自然医学、中国医学、および再生医療において医学的・科学的訓練を受けており、薬剤に代わる7種類のペプチドの発見(特許取得)、幹細胞治療の複数のメソッドの確立に大きく貢献しました。

Reservation&Contact ご予約・お問い合わせ

予約制 | 11:00〜20:00

(日曜・月曜・祝日 休診)

診察は予約制ですので、診察ご希望の場合は予め電話でご連絡ください。
※全て自由診療で保険は適用されませんのでご了承ください。

診察は予約制ですので、診察ご希望の場合は予め電話でご連絡ください。

※全て自由診療で保険は適用されませんのでご了承ください。